• ホーム
  • AGA患者に最も人気のあるジェネリック!フィンペシアの紹介

AGA患者に最も人気のあるジェネリック!フィンペシアの紹介

髪が薄い男性

壮年性脱毛症(AGA)に対する世界初の治療薬として登場したプロペシアは、発売後瞬く間に世界的に知られることになり世界中のAGAに悩む男性に愛用されています。従来は育毛作用をもつと推測される各種の天然由来成分などを配合した商品が販売されてはいましたが、壮年性脱毛症のメカニズムにアプローチし薄毛症状の改善をもたらす治療薬は、ミノキシジル以外に有効な選択肢はありませんでした。プロペシアが画期的だったのは、壮年性脱毛症のメカニズムを解明し、疾病治療薬として開発された点にあります。

壮年性脱毛症は従来は中高年以降の年代にありがちな老化現象の一種との認識された時代が長く継続していましたが、AGAは適切な治療をしない限り治癒することがなく、範囲も拡大しやがては毛根の成長サイクルが停止してしまって、怪我生えなくなってしまいます。確かにAGAは生命にかかわる病気ではありませんが、容貌上の著しい変容をもたらす為に審美上の深刻な問題を提起し、QOLを著しく低下させます。内服薬プロペシアの有効成分フィナステリドには、壮年性脱毛症の原因となる活性化した男性ホルモンの影響を抑制する作用を持っています。男性ホルモンのプロテストロンは、還元酵素5αリタクターゼの作用で活性化されて、ジヒドテストロン(DHT)へと変化します。男性の頭髪の毛根には頭頂部や後頭部・生え際などの部分にDHTと結合する受容体が豊富に分布しています。毛根周辺の受容体にDHTが結合することで、髪の毛の成長サイクルが異常を来たし十分な整腸を見せないまま、短くやわい毛が大量に抜けることになります。プロペシアの有効成分のフィナステリドには、DHTと毛根の受容体との結合を阻害する特徴があるので、ヘアサイクルの正常化を促し抜け毛の減少などの効果を発揮します。

AGAの脱毛プロセスに着目して薄毛症状改善などをもたらす特徴をもっているのが、プロペシアですが、同量のDHT阻害作用をもっているジェネリック医薬品が登場しています。プロペシアと同等同量の有効成分のフィナステリドを配合しているのが、フィンペシアです。フィンペシアはプロペシアと同じ有効成分を含む内服薬でありながら、ジェネリック医薬品のためコスパが良好なのが特徴です。ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が経過することで、独占生産販売権が解除されるので製造設備と原材料さえ調達できれば、製造販売することが出来ます。ジェネリック医薬品では新薬開発のための原材料の選定などの膨大な研究費用を必要とする研究開発工程が省力されえいるので、薬価を低く抑えることができ、コスパも良好になるわけです。フィンペシアは個人輸入サイトから注文できるのでネットを利用して通販でフィンペシアを買うと安く抑えられます。

AGAは活性化された男性ホルモンが、頭皮の毛根周辺の受容体と結合することで、正常な整腸サイクルが乱されれることが原因です。有効成分フィナステリドを配合するフィンペシアなら高コスパで効果的にAGAの薄毛症状の改善を期待できます。