• ホーム
  • 90%が発毛を実感!AGA外用薬のツゲインの効果について

90%が発毛を実感!AGA外用薬のツゲインの効果について

鏡を見ている男性

壮年性脱毛症(AGA)治療薬の中でも高い人気を誇るのが、ツゲインになります。有効成分にミノキシジルを配合している外用薬なのは一般的な剤形ですが、配合量に2%・5%・10%の3つのタイプがあるのが特徴です。効果の高さは臨床試験の結果でも裏付けられており、5%配合タイプの塗布を継続しておこなったところ4週間経過以降には、軽度の抜け毛減少といった効果がみられました。さらに塗布を継続して所時間経過に比例して著明な発毛効果がみられ、12週間経過後には60%半年に相当する24週間経過後には90%以上の被験者の頭皮の発毛や抜け毛減少などの効果が確認されています。

ツゲインの高い発毛効果を可能にしているのは、配合されている有効成分ミノキシジルにあります。血圧の調整を司っているのは、自律神経になります。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経が優位なときには血管が収縮し血圧は上昇します。ストレスや紫外線や極端な外気温などにさらされると、交感神経が優位になり血管が収縮し、頭皮周辺の血管も同様の環境になるのです。その結果十分な血液供給が行われないために、毛母細胞の細胞分裂が低下し十分に髪の毛を発毛させることが困難になります。有効成分のミノキシジルには、血管拡張させる作用があります。ストレスなどが原因で頭皮の皮下血管が収縮すると、毛の細胞分裂のために必要な酸素や栄養を行き届けるのが困難です。そこでミノキシジルが持っている血管拡張作用のおかげで、毛母細胞の細胞分裂に必要なさ案粗野栄養分が必要量が供給されることになります。その結果頭髪の成長が促進されて頭髪の発毛効果が発揮されるわけです。またツゲインにはミノキシジル以外にも、毛髪の成長に必要不可欠なたんぱく質のケラチンも配合されているので、AGAにたいしても育毛効果も期待できます。

ツゲインは先発薬のロゲインに対して、ジャネリック医薬品の位置づけになります。ジャネリック医薬品は先発薬の特許期間が満了したのちに、同じ成分で製造されるのでよりリーズナブルな値段で購入することが出来ます。AGA治療は継続が前提になるので、中長期的コストを踏まえると、ジャネリック医薬品はメリットが大きいと評価できそうです。

数あるAGA治療薬のなかでも毛を生やす効果が確認されているのはツゲインに配合されているミノキシジルだけです。発毛効果という特徴を生かしながら、副作用も回避するなら5%タイプがオススメです。ただし外用薬ツゲインは塗布方法に特徴があるので、効果的に発毛促進効果を実感するには方法を順守することが大切です。ツゲインの塗布方法は1日朝晩2回、1mずつを薄毛が気になる部分に塗布して周辺に伸ばして浸透させてください。塗布してから十分に浸透させるために4時間以上は洗髪をしないこと。そして夜は洗髪後の頭皮が清潔で柔らかくなっている状態で塗布することがポイントです。l