• ホーム
  • 薄毛に効く栄養素をサプリメントで補給するのも有効!

薄毛に効く栄養素をサプリメントで補給するのも有効!

頭を抱えている男性

薄毛の症状には日頃の生活習慣と密接な関係をもっている場合があります。薄毛との関連で問題になりやすいのは毎日の食習慣、つまり栄養バランスの崩れを指摘することが出来ます。食生活で摂取する栄養素が髪の毛の発毛プロセスと密接な関連を有するのは、毛母細胞での細胞分裂がいかに円滑に活発に行われるのかにかかっていることからも明らかです。髪の毛のもとになるのは、各種のたんぱく質になります。たんぱく質には動物性や植物性など供給源は食材となっていますが、実に多様性に富んでいるのが特徴です。そのため特定の肉や魚類などに偏ると、育毛環境を維持する上で好ましくないコンディションに変化する事態が懸念されるところです。

そこで基本になるのはたんぱく質と糖分、脂肪分の三大栄養素をバランスよく摂取することが出発点になります。とりわけあらゆる細胞の材料になるたんぱく質は、肉類だけに偏ることなく、魚介類や大豆製品など多彩な食材で摂取して必須アミノ酸の不足をきたさないことです。

主要三大栄養素をバランスよく取ることと同時に、わすれたはならないのがビタミン類や亜鉛などの微量栄養素になります。主な微量栄養素とそれぞれの働きなどを検討してみましょう。
まずビタミンBですが、たんぱく質の代謝に大きな関係をもっており、疲労回復などには肉類と一緒にとると効果的です。薄毛との関連で重要なのは、たんぱく質を肝臓で代謝してアミノ酸に分解し、ケラチンとして毛髪の原材料をつくりだすことです。ビタミンB群は肉類やレバーなどに豊富です。

ビタミンCは免疫力を維持する上で重要ですが、たんぱく質を代謝する際にも必須のビタミンといえます。ビタミンCは新鮮な果物や青物野菜などに豊富にふくまれていますが、加熱調理に弱い側面があります。食材だけで必要量を摂取するのは難しいことも否定できません。
ビタミンEはアンチエイジングとの関連で取り上げられることが多いビタミンですが、薄毛との関係でも積極的に補給したい種類でもあります。ビタミンEには、血行促進や血管の柔軟性などを維持する作用があります。ビタミンEを補給することで、頭皮の下の毛細血管の拡張作用により酸素や栄養分の供給もスムーズになるので薄毛の改善を期待できます。

ビタミン類と同等に要求量は僅かでも重要な栄養素はミネラルがあります。頭髪や毛根のコンディション維持で重要なミネラルは、亜鉛です。亜鉛は頭髪の原材料になるケラチンを生成する過程で重要な役割を担います。さらに亜鉛は壮年性脱毛症’(AGA)にあっては5αリタクターゼという還元酵素が男性ホルモンの活性化に影響していますが、亜鉛にはこの還元酵素の影響を抑制する作用があります。
異常のミネラル類などは手軽に摂取するにはサプリメントがオススメです。サプリメントなら複数の微量栄養素も含めて手軽かつ効果的に摂取することを可能にしてくれます。食生活が偏りがちなら、サプリメントを活用しましょう。