• ホーム
  • 正しいシャンプーの方法知ってる?薄毛が改善される場合も

正しいシャンプーの方法知ってる?薄毛が改善される場合も

薄毛や抜け毛にお悩みの方は、のしかするとシャンプーのやり方ひとつを工夫することで、状態を改善することが出来るかも知れません。総年型脱毛症(AGA)は活性化された男性ホルモンの影響が大きいのでシャンプーなどに配慮したところで、コンディションにあまり影響を与えないとの考えもあるでしょう。しかし薄毛ケアのために頭皮の状態を清潔に保ち、皮膚のバリア機能も維持するには頭髪の洗い方には注意を払うことには薄毛症状改善に大きく寄与することが可能です。そこで正しい頭髪や頭皮の洗い方や注意点などについて検討してみましょう。

洗髪のときにはいきなりシャンプーをつけることはしないで、2度洗いが基本です。まずお湯を阿多ア全体に回しかけることで、ゴミやホコリなど、頭髪に絡まっている不純物を洗い流します。またお湯を頭皮全体に行き渡らせることには、頭皮を軟らかく毛穴を開かせて、過剰な皮脂などの洗い流せるようにコンディションを整えます。2分から3分ほど経過すると頭皮がほぐれてきます。

この段階で初めてシャンプー適量を手に取りますが、ポンプタイプなら1プッシュほどで十分。何回もプッシュを繰り返すのは過剰使用の元凶になります。頭皮への刺激になり、すすぎのこしにもつながるので、控えめを心掛けて下さい。

洗い方の順番ですが、後頭部からはじまり側頭部、そして頭頂部・前頭部の順番で行います。頭頂部や前髪の生え際などの前頭部などを最後にするのは、デリケートな部分は短時間で丁寧に扱いたいからです。洗うときには爪先を立てずに指の腹でやさしく洗浄成分が浸透するように軽くマッサージする感覚で。かゆみを感じるからといって爪を立てたりすると、頭皮にダメージになってしまうことに。髪の毛と頭皮の両方を洗うことが大切ですが、指の腹で優しく丁寧に洗います。頭頂部や生え際などのデリケートでAGAが初発しやすい部分は短時間のうちに、指のはらでしっかり皮脂などは洗い流すことが注意点です。

ところで、洗い方の順番で、後頭部からはじめるのでは、加齢臭などをしっかり除去するためです。何気なくシャンプーしていると、後頭部はニオイのもとになる皮脂が溜まりやすく、きちんと洗えていないことが多いからです。側頭部を洗うときは、血流を意識して下から上方向に、洗っていくのが注意点。むくみを解消し肩こりなどにも改善を期待できます。

全体にシャンプーが行き渡ったら、あとはそそぎです。豪快にお湯をかけて一気に流してしまう方が多いようですが、これではシャンプーの成分が頭皮に残りがちになってしまいます。注意点としては洗髪した時間の3倍くらいの時間をかけて、丁寧にあらいながし成分の残滓が頭皮などに残さないことが大切です。2度洗いをするといっても、皮脂の落としすぎには注意してください。過剰にシャンプーし、皮脂の落としすぎは頭皮の乾燥を招き、かえって過剰な皮脂の分泌につながるからです。