• ホーム
  • ハゲを諦めるな!AGA治療で治ることもある

ハゲを諦めるな!AGA治療で治ることもある

髪を気にする男性

日本人だけでなく世界中の中高年男性にとっての髪の悩みの原因の大半は、壮年性脱毛症(AGA)になります。従来からAGAは一種の老化現象のように認識されていた時期が長かったこともあり、治療の対象になる疾患との認識はあまり幅広く共有されていないきらいがあります。たしかに放置しておいたところで生命にかかわるわけではありませんが、放置しておけば脱毛範囲は拡大の一途をたどる進行性の病気であることにかわりはないのです。適切な治療をしない限り、早晩いわゆるハゲの状態になるのは明白です。現在AGA治療で薄毛症状を改善するには、大きくわけると二つのアプローチがあります。

まず専門クリニックを受診してカウンセリングを受けながら、投薬治療をうけるというもの。専門クリニックではカウンセリングを受けることで治療に投入できる予算なども照らし合わせながら、ケアのメニューをカスタマイズすることが出来ます。このあたりは一般的な病院やクリニックなどの医療機関で公的保険適用を前提にした、疾病治療と大きく異なる点です。公的保険適用の場合には、利用可能な選択肢にはおのずと制限があり、最先端の治療については利用することには大きな制約をともないます。薄毛症状改善のためには、経済的負担を甘受できるのであれば、実は豊富な選択肢が存在しています。通院して受けるケアは治療薬の投薬が中心になりますが、専門クリニック独自のケアを提供していることも。いくつかの例を挙げてみれば、メソセラピーや幹細胞を利用した毛根再生や、外科的に後頭部などのAGAの罹患リスクの少ない個所の毛根を移植する植毛術など、効果的なアプローチを期待することが可能です。なぜなら専門クリニックでは公的保険が適用にならず、全額自己負担が原則になるので、どの選択肢を選ぶのかも、患者サイドの自己責任のもと自由にくみあわせることが可能になっているからです。

専門クリニックなどを利用しないで個人輸入で治療薬を入手して、服用するというのがもうひとつの有力な治療スタイルです。実際に外国語などの書類を作成しながら個人がすべてを手続きをすませて個人輸入を実践するのは困難です。そのため個人輸入の代行サイトを利用して通販で治療薬を入手するのが一般的です。個人輸入代行のサイトで通販で購入することの最大のメリットは、病院の皮膚科などの医療機関の処方箋の交付を受けるまでもなく、自宅にいながら有効なAGA治療薬を気軽に入手できる点にあります。AGA治療薬は基本的に継続服用しない限り、薄毛症状は再発することになるので長期間のスパンで治療に取り組む必要があるのです。個人輸入の代行サイトでは日本国内では厚生労働省の承認を得ていない治療薬やジェネリック医薬品などの入手も、通常の通販サイトを利用するのと同じ感覚で購入することが叶います。個人輸入代行サイトを活用すれば、病院に通院する手間が不要な点もメリットのひとつです。